河北潟メーリングリスト

 

000347



「河北潟メーリングリスト」は、河北潟の情報発信と意見交換が目的です。

 

メーリングリストとは?

複数の人と電子メールでやり取りをする仕組みのことです。

メーリングリストは略して、ML(えむえる)と呼ぶこともあります。

参加者は管理人が許可した人だけです。

MLにメールを送ると、MLの参加者にメールが配信される仕組みです。

メールを使える人なら誰でも参加できます。

MLのしくみ

こんなことにお役立て下さい

 

MLの使い方

記事の投稿はMLのメールアドレスに送信するだけ、簡単です。

投稿されたメールが、自分を含め参加者全員に配信されます。

 

下記の MLの趣旨 と、ルール お願い に同意される方は、参加方法  を読んでMLに参加してください。

 

MLの趣旨

河北潟に関するニュースを知りたい人、情報を発信したい人、意見を交換したい人を対象にしたメーリングリストです。

「河北潟のニュースを多方面から得て、また発信もする」そのような仕組みを作りたくて メーリングリストを始めました。

特定の話題に限らず、河北潟やその周辺の話題なら何でも構いません。

 

ルール(してはいけないこと)

1.他人の個人情報は書き込んではいけません。(個人情報とは、名前や電話番号、住所など本人を特定できる情報のことです)

2.河北潟と関連のないことばかり書き込んではいけません。

3.人を傷つける内容、ウソ、事実を確認しないで事実のように表現してはいけません。

4.暴力的な表現など、青少年に害のある投稿を書き込んではいけません。。

5.ルールを守らない場合や、ML運営に障害になると管理者が判断した場合は、MLに参加できなくなります。

 

お願い

基本的には特定の事柄に対する議論の場ではありません、発言は相手の立場になって考えましょう。

伝聞を投稿するときは、著作権を侵害しないようにに注意してください。(記事の丸写しなどはしないでください)

MLに投稿する前に、もう一度、不特定・多数の人が見ることを考えてください。

個人参加の方はハンドル名[ニックネーム]で投稿することをお薦めします。メールアドレスも書かないで下さい。

もし、誤って個人情報などを投稿してしまった場合は、MLへメール削除のお願いを投稿してください。

特定グループの伝言の目的では使用しないでください。

困ったときは、ML管理者へメールするか下記の投稿フォームからお知らせください。

MLに関して、不備な点、改善点に気付かれた方は、ML管理者へメールするか下記の投稿フォームからお知らせください。

携帯電話で参加される人もいるので、メールの大きさ(添付ファイルも含めて)が30Kバイトを越える物は配信されません。

 

参加者の個人情報保護について

申し込み時の名前、メールアドレスは非公開です(投稿により、アドレスが知れることはありません。)

 

参加方法(2通りの方法があ ります)

参加方法1.

下記の入力欄に記入して、送信ボタンを押してください。(管理者への連絡にも使用できます。)

お名前(ハンドル名[ペンネーム]でも結構です。)

メーリングリストに使用するメールアドレス

管理者へのメッセージ(何でも結構です。)

参加希望、ご質問など何でも、お気軽にフォームに記入して送信ボタンを押してください。

お名前:
メールアドレス:
お名前・メールアドレス・メッセージは必須項目です
 

参加方法2.

管理者へ参加希望のメールを出す。 → お名前と使用するメールアドレスをこのアドレスへ送って下さい。

後日、管理者から確認のメールが来ます。

 

便利な機能(各機能の詳細説明は、下の「使 い方が分からなくなったとき」を見て下さい)

過去の投稿メール見る。

一時的に受け取りを休止する。

受け取りを再開する。

自分のメールアドレスを変更する。

MLをやめる(脱退する)。

 

使い方が分からなくなったとき

方法1.MLの総合案内ページを見てください。

 http://lists.yupapa.net/mailman/listinfo/kahoku

入会の時に受け取った案内メールに、入室のパスワードが書かれています。

方法2.上の投稿用フォームのメッセージに質問を書いて、送信ボタンを押してください。

 

どうでも良い話

以下は、どうでも良い話ですから、どうしても読みたい人はどうぞ。

 

MLって、どうも仕組みがよく分からない?

初めての人は、難しく感じると思います。

そう、掲示板に似ていますね。

書き込みは誰でも見ることが出来て、誰でもコメントを書き込める。

それをメールのやり取りで行うのがMLと思えばよいです。

MLの場合は、参加者だけが見るので、多少なりとも話題に関心を持つ人だけが見ることになります。

じゃあ、掲示板でいいんじゃないの?

河北潟MLではなく、河北潟掲示板でもよいのではと思われるのも、もっともなことです。

でも、掲示板をチェックすることは、けっこう手間ですし、話題が途切れるといつの間にか誰も見なくなってしまいます。

MLなら、チェックに行かなくても、普段やっているメールチェックだけで、投稿をチェックできます。

毎日チェックする必要もなく、マイペースで参加すればよいのです。

過去の話題は全て自分のパソコンに残りますから、「あの時はこうだった」と振り返るのも簡単です。

どうやって整理するの?

特に必要ないけど、MLの投稿を一ヶ所にまとめておくと良いかもしれません。

やり方は、次のようにします。

メールソフトの振り分け機能を使って、MLの投稿が全てML専用のフォルダに入るようにします。

代表的なメールソフト Outlook Express の振り分け機能

受信トレイのところでマウスを右クリックし、「フォルダの作成」を選びます。

作成場所は受信トレイを選びます。(フォルダ名は「河北潟ML」とでもすればよいでしょう)

「ツール」メニューの、「メッセージ ルール」−「メール」を選びます。

(こんな画面です)赤で囲んだ所を見てください。

 

ルールの条件で、「宛先またはCCにユーザーが含まれている場合」を選びます。

ルールのアクションで、「指定したフォルダに移動する」を選びます。

「ルールの説明」の、「ユーザーが含まれている」、をクリックして、メールアドレスに、を入力します 。

「追加」をクリックして、「OK」をクリックします。

「ルールの説明」の、「指定したフォルダ」を選びます、をクリックして、先ほど作った「河北潟ML」のフォルダを選びます。

「OK」をクリックすると、メッセージルールが作成されます。

以降、河北潟MLの投稿は、すべて「河北潟ML」のフォルダに入ります。

 

人気メールソフト Becky! の場合の振り分け機能

「ファイル」−「フォルダ」−「新規作成」 の順に選択して、ML用のフォルダを作ります。

作成したフォルダのところでマウスを右クリックし、「フォルダへの振り分けルール」を選択します。

ヘッダの項目で「To(宛先)」を選び、文字列に があるとき、という条件を追加します。